キャッシングは来店不要で行える

MENU

任意整理で借金総額が減る理由

2010年に貸金業法が改正される以前は、出資法による上限金利は29.2%、利息制限法による上限金利は15%から20%となっていて、2つの法律の間で上限金利にズレがありました。そして、利息制限法に違反したとしても刑事罰はなく、出資法に違反すると刑事罰の対象になるという少し変な状況でした。

 

そのため貸金業者は利息制限法に違反していることを知りつつも、刑事罰を受けないならOKだと考えて、出資法の上限金利は超えないけれど利息制限法の上限金利を超える金利を設定していました。この金利を俗にグレーゾーン金利と呼びます。

 

しかし、グレーゾーン金利は法律が改正され、出資法と利息制限法との上限金利のズレが無くなったことで、いまでは消滅しています。そして、過去にグレーゾーン金利でとった利息も無効であり、業者は借り手に返還しないといけないという判断が最高裁でくだされました。それゆえに、任意整理では、グレーゾーン金利ではなく利息制限法を守った金利だったなら借金総額がいくらになっていたはずだったかを計算し、その額まで借金を減額するよう貸金業者に要求することができます。

 

結局、払い過ぎた利息分を借金に充当するための手続きが任意整理と言えます。任意整理するなら、とりあえずグレーゾーン金利での借り入れがあったかどうかをチェックするところから始めましょう。
任意整理借金解決